大きくする 標準 小さくする

2019年06月17日(月)更新

お客様にあきられない次世代型小売店とは ~ その1 ~

6月も中盤戦。上半期を爽やかにしめくくりたいところですが、今回は私の主宰する『 高収益トップ3%倶楽部』の勉強会に参加してくださった方から届いた、こんな質問を取り上げてみました。みなさんなら、この質問にどうお答えになりますか? よかったら、ご一緒に考えてみてください(#^^#)

== 質 問 ==

このところ、『高収益トップ3%倶楽部』のテーマがレベルアップしていて、正直なところ、ついて行くのに必死です。私は小売店の経営者なのですが、時代の変化と共に店舗の魅力を上げていき、お客様にあきられないようなお店づくりをしなくては・・・と痛感させられました。

そこで、今後のリアル店舗のあるべき姿や方向性につきまして、ぜひとも石原先生のお知恵を拝借したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

== 回 答 ==

リアル店舗のこれからについての質問ですが、私は(・・・もちろん適切な努力をすればですが)リアルな店舗の経営はこれからかなり面白くなり、やり方次第ですごく儲かるのではないかと思います。

そのために必要なことは、キャッシュレスなどの最新のサービスに対応することと、4ステップマーケティングを理解して顧客化に努めること。この“テクノロジーの導入”と“ウエットなサービスの見直し”の2つだと思います。

== 解 説 ==

アメリカ型のネットビジネスの影響から、ネットとリアルでは完全にネットの勝ちで、リアルは早晩無くなる運命で、消えて無くなると思っていた方が多かったのですが、結果はいつまでたってもネットは全体消費の12~15%(日本の場合)を超えず、未だ大半が無数にあるリアル店舗での消費と分かってきました。
 
しかしながら、ネット隆盛のイメージが強かったために、リアル店舗の経営者が意気消沈してしまって自らの努力をないがしろにしていたことで、今のリアル店舗の全体的な衰退が起こったのではないかと私は常々思っています。

ところが、現在ネットから派生して生まれた各種SNSやスマホの影響で“ネットがリアルに落ちてくる”とか“ネットとリアルの境目が無くなる”という現象が起こり、リアル店舗の経営は非常に面白い局面を迎えていると思います。

そんな中で、今回の質問が来たので“この質問、とってもタイムリーでセンス良いなぁ~”と思って回答しています。

ということで回答ですが、まず最初にするべきことは何かというと、顧客向けサービスの標準化(大手や他のお店に負けない)という意味でのキャッスレスなどのテクノロジ─の導入です。

テクノロジー=システム化ですが、まず顧客が普通に望んでいること、例えばキャッスレスの対応や海外の方向けの免税対応などは必ずするべきです。

この辺りはNIPPON Platformのサービスに加入すると整いますので、サイトをご覧になってください。

いろいろなサービスに対応できるタブレットを無料でレンタルしてくれます。

この顧客向けのサービスの他に、どんなテクノロジーを導入するべきかですが、テクノロジーに関しては、用途に合わせて、顏認証での顧客データ管理や、店舗をWEBサイトのヒートマップのように効率化するシステム、お店の棚の商品管理なども取り入れた売上管理・在庫管理・販売管理のシステムなど、いろいろあると思います。

みなさんこの回答に“石原先生いったい何言ってるの・・・?”と思われるかも知れませんが・・・あるいは“そんなシステムなんて導入したらいったいいくらかかると思って
いるの?”とか“大企業じゃあるまいし、そんなシステムの導入なんて小規模のリアル店舗に付き合ってくれる企業なんか無いはず”と、思っているのではないでしょうか?

ところが状況はどんどん変わっていて、そういったシステムが今や非常に格安で便利に使えるようになっているのです。面白いでしょ? 回答は次回に続きます(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2019年06月07日(金)更新

100年続く会社のつくり方 ~ その5 ~

これまで4回にわたり「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南してまいりましたが、いよいよ今回が最終回です。

じつは私は一般社団法人「100年経営研究機構」の理事も務めているのですが、100年続く企業には、それ相応の“理由”があると思っています。これまでの記事をうっかり読み逃した方は、その1から順番にお読みいただけるとうれしいです(#^^#)

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

これまでの話を整理すると、既存事業(本業)で成功したら、その収益を更なる既存事業への投資や新事業への投資では無く、一度純粋な投資(お金に働いてもらう)に回した方が企業の長期的な安定・存続につながるということです。

※事業投資はお金が「人(社員、保険代)・モノ(事務所、机、椅子、PC・・・etc)」に変換して動かした上で利益を生む投資。金融投資はお金そのものが投資され、利回りで返ってくる・・・でしたよね。

本業を支えるために始めた新規事業が、もたついて本業が危なくなるという事も充分想定できるわけですよね(-_-;)

そこで、お勧めは、金融投資、その最初に進めるのが不動産投資という事を前回その理由と共にお話しました・・・・。

上記の説明で、みなさんかなり状況を理解されたようですが、この反響けっこう大きくて
 「早く知りたかった!」
 「謎が解けた!」
 「すぐ行動に移します!」
・・・などの感想をいただいています。

そこで、今回は最後の回答になりますが、企業の存続や安定を考えた場合に、また100年続く企業を支えるためにお勧めする投資は何かと言うと、それは、IPOを目指すベンチャー企業への早い段階での出資(株式への投資)となります。

理由は、不動産投資の所でもお伝えしましたが、投資には投資した金額に対してどれだけのリターンを得られるかという思考が必要となるからです。そこで、レバレッジを最大に発揮するのが、IPOベンチャー企業への投資ということです。

ソフトバンクの孫さんがまさにこの形の経営をされているので、ソフトバンクの株主総会の様子をYouTubeなどで見てみると、事業で上げた収益で、どんどん発展するであろうベンチャーに投資しているのが分かると思います。そして、この投資によって凄い企業群を構築していっていますよね(p_-)

中小企業ではこういった発想はなかなかないと思うので、今回敢えて回答していますが、経営者はこういった発想を持って、優秀なベンチャー企業との交流なども自身(経営者)の務めとして認識するべきと思います。

もちろん、この投資には高いリスクが伴いますが、最高のリターンが得られることも事実です。よかったら、参考にしてくださいね(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30