大きくする 標準 小さくする

2019年05月31日(金)更新

100年続く会社のつくり方 ~ その4 ~

早いもので、令和最初のひと月が終わろうとしています。みなさんも、上半期の締めくくりを視野に入れて動きだしていると思いますが、今回も前回に続き、「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南していきたいと思います。よかったら、参考にしてください。

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

これまでの話を整理すると、既存事業(本業)で成功したら、その収益を更なる既存事業への投資や新規事業への投資ではなく、一度純粋な投資(お金に働いてもらう)に回した方が企業の長期的な安定・存続につながるということです。事業投資と金融投資の違いは、2回目で解説しましたよね。

ちなみに、事業投資はお金が「人(社員、保険代)・モノ(事務所、机、椅子、PC・・・etc)・金」に変換して動かした上で利益を生む投資。金融投資はお金そのものが投資され、利回りで返ってくる・・・でしたよね。

本業を支えるために始めた新規事業がもたついて、本業が危なくなるということも充分想定できるわけです(-_-;)

そこでお勧めは金融投資、その最初に進めるのが不動産投資ということを前回その理由と共にお話しました。

この具体例ですが、例えば私の顧問先の北海道の会社に、このやり方を提案して事業とは別に投資用のマンションを1棟丸ごと買う、という提案をしたことがありました。

提案した理由は、業界の好不調の波が極端で、全体に売上が上がる年もあれば、翌年業界ごとの売上が下がるという状況だったので、上がった時の利益で税金対策も含めて不動産を購入、家賃収入で人件費がほぼ賄えるという所まで、投資を広げることができました。

その結果どうなったかというと、その業界で一番強い体質の会社になりました。

企業そのものが安定したので商品やサービスが向上し、良い時の売上が更に上がり、業界全体が不調な時でもそれなりの売上を保てるようになりました。その結果、退職者が減り、業界の優秀人材がどんどん入社してくるようになりました。

結果、既存事業がますます隆盛になり、経営者の自信は相当強くなりました。このように、既存事業の継続・安定を願うのであればあるほど、実は事業が好調な時に、事業投資では無く金融系の投資に利益を回すことが重要ということです。

その金融的な投資の利益によって、既存事業はより安定し、強くなるということですね。

来週は、いよいよ最後のベンチャー企業の株式への投資という話になります。これができたら、企業は未来永劫存続するほど強く安定した状態になります。一週間楽しみに待っててくださいね(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2019年05月27日(月)更新

100年続く会社のつくり方 ~ その3 ~

急に真夏のような暑さが続きますが・・・みなさん、お元気でお過ごしでしょうか? さて、今回も前回に続き、「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南していきたいと思います。よかったら、参考にしてください。

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

前回は「経済的な基盤をどう構築するか」についての解説をしました。事業の永続性を図るために、どんな「投資(=お金を働かせる行為)」をしたら良いかですが、投資初心者であれば、まずは不動産への投資、そしてその次が株式への投資という順番になると思います。

と、この辺りの解説をすると、お金を投資・運用する時に、レバレッジという考え方を知っておくことが重要です。不動産はとてもレバレッジの効く投資ということになるので、まずは企業経営で得た利益をさらに増やすのに最適といえます。

レバレッジというのは、持っているお金以上で投資するということですが、私達がリスクをあまり取らずに、 レバレッジを効かせた投資ができるのが不動産ということになります。

理由は、購入する不動産そのものに既に価値があるので、その価値を見越して金融機関からの融資が得られ、持っているお金(=投資出来る金額)の8~10倍位の金額の不動産を購入でき、それを売却した場合の利益が、持ち金の数倍になる可能性があるからです。

2,000万円の手持ち資金で、金融機関の融資1億8,000万円を得て2億円の不動産を購入し、家賃収入を得ながら良いタイミングでその物件を2億3,000万円で売却できたとすると、1億8,000万円+金利を返済しても、十分な利益が残ることになりますよね。これは、かなり理想的な事例ですが、こんなことも可能ということです。

最初に自社ビルを買うか、投資用の不動産を買うか? これは個人の場合も同じで、最初に自宅を買うか投資用の不動産を買うか?・・・は、結構重要な選択となります!

なんかこの展開、最初に思っていたよりもかなり重要な内容になりそうですね。ということで、回答は次回も続きます。一週間楽しみに待っててくださいね (@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2019年05月20日(月)更新

100年続く会社のつくり方 ~ その2 ~

新緑の眩い季節になりました(#^^#) みなさんの活動力も高まってきたと思いますが、前回に続き、「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南していきたいと思います。よかったら、参考にしてください。

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

前回はビジネスの継続性について解説しましたので、今回は「経済的な基盤をどう構築するか」についての解説をしたいと思います。

その前に、企業を永続的に経営していくために、なぜ経済的な基盤が必要かについてお話しすると、ビジネスはいつの時代も技術革新や流行などの影響を受け、その上、常にライバル企業との競争の中にあるわけで、たとえ今が好調でも、長期的に見ると安定することがないからです。

ですので、全ての企業は、経営が好調の時に得られた利益をビジネス以外に投資して経営を支える利益を生み出す仕組みを作るべきだということです。

まずは、新規事業の創造と投資の違いを明確にしておきたいと思いますが、新規で事業を生み出すということは、ビジネス(=人・モノ・お金を使って富を生み出す行為)の延長なのに対して、投資はお金だけを動かして、富を得るという行為ということです。

1億円の事業投資(人を雇い、モノを仕入れ、商品やサービスを生み出す)をして10%の利益を得る努力(=人の管理、マネジメント、集客などのマーケティング費用、事務所費用・・・etc)と、基本人をまったく使わずに1億円というお金だけを働かせて10%の利益を上げることを比べると、あまりの労力の差に愕然としますが、投資というのはこのお金だけを働かせる行為ということになります。

お金はご飯も食べず、文句も言わず、事務所も机も椅子も必要ない上に、人と違って管理も簡単ですから、お金に働いてもらうことの重要さを企業経営者は絶対に知らないといけないわけですが、日本の経営者、特に中小企業の経営者はこの辺りに関して、本当に無知に近い存在だと思います。

では、本題に入って行きますが、事業の永続性を図るために、どんな「投資(=お金を働かせる行為)」をしたら良いかですが、投資初心者であれば、まずは不動産への投資、そしてその次が株式への投資という順番になると思います。

この内容ちょっと面白くなってきたので、更に続けることにします。一週間楽しみに待っていてくださいね(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2019年05月09日(木)更新

100年続く会社のつくり方 ~ その1 ~

大型連休を挟み、久しぶりのブログ更新となりました(#^^#) みなさん、いかがお過ごしでしたか? 元号も「令和」に変わりましたが、この節目に自社の在り方を見直してみてはいかがでしょうか? 

今回からは「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南していきたいと思います。よかったら、参考にしてください。

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

私は一般社団法人100年経営研究機構」の理事も務めているのですが、100年続く企業には、それ相応の“理由”があると思っています。

まず、事業(ビジネス)の継続性ですが、提供する商品やサービスに独自の技術やノウハウに裏打ちされた競争力やオリジナル性があることはもちろん大切ですが、そうした商品やサービスを提供することでできた顧客との縁や関係性を大切にすることが、実は企業が永続的に存続するために一番大切なことだと考えます。

私がみなさんに提案している「集客・見込客フォロー・販売・顧客化」の4ステップマーケティングの最後“顧客化”のステップが特に重要だと話している理由は、長期的に企業の存続に関わる要素がこの顧客化にあると考えているからです。

※顧客化が重要な理由は、コストをほとんどかけずに新規ビジネス(商品やサービス)をどんどん生み出すことができるようになるからです。

ビジネスはいろいろな要素で発展し、また衰退していくわけですが、一度できた顧客から次々に困っていることを聞き、要望を知り、いろいろな依頼を受けることができれば、それをヒントにどんどん新しいビジネス(商品やサービス・・・etc.)を生み出すことができ、しかもコストゼロでその新しい商品やサービスをマーケットに投入し磨くことができ、また、販促費ゼロで売り始めることができるので、初期費用ゼロで事業構築もできてしまうわけです。

実は、当社はこの方法でどんどんビジネスの幅を広げていき、今では、ほとんどのコンサルティング会社ができない領域にまでビジネスを広げています。

こういう内容を企業でお話すると「なるほど!」「確かにそうですね!」「すぐに取り掛かります!」と驚かれますが、こんな身近な所からでも、永続的に企業が存続するためのヒントはあるということです。ぜひ参考にしてくださいね。

次回はこの続きとして、企業を存続させる上での“経済的な基盤をどう構築するか”ということを取上げて、詳しく解説したいと思います。(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31