大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


デザインやアート感覚をどうビジネスに取り入れるべきか

投稿日時:2012/05/25(金) 16:19rss

あっという間に5月も月末です。折しもちょっとおもしろい質問が届いたので、今回は2週続けて「Q&A」バージョンでお届けします。
 
デザインやアート的なセンスは、これからの時代の経営者に欠かせない要素になっていくと思います。よかったら参考にしてください(*^_^*)
 
 
== 質 問 ==
 
これからはビジネスにもデザインやアートのセンスが必要である、という意味のことが書かれている文章を度々見かけます。この分野には、なにやら大きな可能性が秘められているように思えます。石原先生の発言の端々にも、アートの素養のようなものを感じられます 
 
実際のビジネスの場において、アート的なセンスはどのように活用されるべきものなのでしょうか? 服装や髪型にこだわったり、企画書もデザイン性や遊びの要素をより強調したものにするくらいは実践しているのですが、それ以上のことは思い浮かびません。
 
石原先生のお考えや実際の事例などがありましたら、教えていただけますでしょうか? よろしくお願いします。 
 
== 回 答 ==
 
これからの経営にデザインやアートのセンスが必要な理由ですが、日本のマーケットが成熟期に入っていて質の向上が求められていること、成功している会社や経営者はデザインやアートのセンスが良いので誰と仲良くなるかでも有利、それから、景気が悪くなると貧富の差が激しくなり富裕層向けのビジネスは絶対にチャンス・・・などという観点からデザインやアートをより重視した方が良いということです。 
 
== 解 説 ==
 
経営にデザインやアート感覚が必要な理由ですが、ベースとしては日本市場がヨーロッパのように発展期から成熟期に入り、消費者の質が全体に向上しているからです。
 
例えば商品は最初“機能が優先されて使われる”のですが、徐々に機能から“形や色なども含めた価値として選ばれ使用される”ようになります。
 
身近なモノ(商品)として、携帯電話が分かりやすいですが、最初は携帯して話せるという機能がよろこばれて普及しましたが、話せることが当たり前になると、+デザインが良いかなどが理由でどの機種が良いかということに消費者の購買理由は移って行きましたよね(^_-)-☆
 
日本のマーケットは今、どんな商品やサービス(サービスの場合はネーミングや説明資料等にデザインは使われます)においてもデザイン性が必要と言えると思います。
 
最近話題を一気に集めている「東京スカイツリー」も、夜ライトアップされると圧倒的に綺麗ですよね。あの洗練されたデザインは、もはやアートの域であり、テレビ塔という機能から考えるとかけ離れています。東京タワーと比べてみても、日本のマーケットで、いかにデザインやアートが当たり前になっているのかなどが良くわかると思います。
 
また、デザインやアートの感覚が経営者に必要な別の理由として、誰と仲良くなるかという場合に、“上”に行くために必要なファクターとなっているということが言えると思います。
 
分かりやすく言うと、イケてる社長さんはみなさんデザインやアート感覚の重要性を知っているので、そういう方達と交流したいのであれば、当然身に付けていないとダメということです。成功するためには、成功者と仲良くなることが早道ですから、この辺は大切ですよね(^_-)-☆
 
さらに最後の理由として、成熟したマーケットでは貧富の差が激しくなり、富裕層はより豊かになっていきますから、この層が大きな市場になることが上げられます。
 
富裕層はデザインやアート=“値段の無い世界”に生きているといっても過言ではないので、このマーケットに商品やサービスを売りたいのであれば、当然、そういう知識やセンスは持ち合わせていないとダメということですね。
 
・・・と、ざっくり説明しましたが、こんな理由から少しずつでもこういう世界に触れることが必要だと思います。意識して、知識や感性を磨いていきたいものですね(*^^)v
 
 
いかがでしょうか? あなたはどうお考えになりますか(^^♪ 私の発行する週刊メールマガジン、『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方は、コチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(579)


RSS