大きくする 標準 小さくする
  • トップページ
  • M&A
  • 「M&A」で、会社を売る側・買う側が押さえておくべきポイント ~ その5 ~

«前の記事へ 次の記事へ»


「M&A」で、会社を売る側・買う側が押さえておくべきポイント ~ その5 ~

投稿日時:2019/04/19(金) 13:00rss

「平成」も残りわずかとなりましたが、今回も私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会の参加者から寄せられたちょっとシビアな質問への回答の続きです。

== 質 問 ==

今後、日本でもM&Aがますます増えていきそうですが、M&Aについて、押さえておくべきポイントを教えてください。

== 回 答 ==

ご質問の通り、これから中小企業を中心にM&Aは相当な数で起きると思います。今回の質問の主旨は、そんな環境の中で、これからM&Aをする側、される側がどんなところを押さえておいたら良いか、ということだと思います。何事にも言えることですが、特にM&Aは売る方も買う方も準備が重要ですので、そこを重点的に解説したいと思います。

== 解 説 ==

この質問への回答は今回で最終回となりますが、うっかり読み逃した方はまず、 その1  その2 その3その4からお読みください。
 
実はM&Aに関しては、もっともっとたくさん(本一冊分くらい)書けますが、切りがないので(笑)、今回で一旦終わりにしたいと思います。前回お知らせしたように、買う側がM&Aで成功するにはどうすれば良いかということを、具体的に回答したいと思います。

答えから書きますが、まず自社の経営(ビジネスモデルやマーケティングの方法)を徹底的に磨き、それをマニュアル化して、買収した会社に当てはめられるようにすることです。

同業のM&Aはこれで成功させることができますし、ビジネスモデルやマーケティングの組み立て方によっては、他の業種にもそれを当てはめて短時間で成果を出すことができるようになると思います。

やり方は、自社の手法を教えられるスタッフを育成して買収先企業に教えに行くのが一般的ですが、場合によっては買収した会社のスタッフを何人か自社で研修し、そのスタッフにビジネスのやり方を持ち帰ってもらう、などの方法も取れますね。

もちろん経営の変革には期限を設定して望むことが必須で、その改革を軸にスタッフとのコミュニケーションを強化し、徐々に役職、給与、社内制度を見直していくのが良いと思います。

また、そこまでするわけですから、先週の回答の事例で紹介した日本電産の様に、1社のみのM&Aでは無く、戦略的に複数企業の買収を目標とすることをお勧めします。

M&Aは企業として経験を積み、成功を重ねれば重ねるほど、買収企業の改革速度が速くなり、買収された企業のスタッフも従いやすくなるという流れを作り、勝ち組企業に組み入れられたという気分を作ってくれます。

そうなれば後はどんどん加速度的にM&A戦略が進むようになると思います。買収した会社の社員が次に買収した会社の改革に向かうなどという流れになれば、企業としてとても強力な力を持つというわけですね。

ぜひ、複数の企業を買収するべく、自社のビジネスを磨いてください。その時の合言葉は「買収した企業があっという間に改革できるほどの強いビジネスモデルやマーケティング戦略を作ろう!」です。

この意識を持つことで、ビジネスモデルの目標が自社の成功ではなく、もっと“上”になりますので、今の御社の状況にも良い刺激となると思います。

ということで、今回は結果としてとても長い回答をすることになりましたが、このM&Aに関する知識やノウハウ、ぜひ参考にしてくださいね(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明(いしはら あきら)氏

僖績経営理舎株式会社代表取締役
AZ Collabo株式会社

ヤマハ発動機株式会社を経て、外資系教育会社代理店に入社。約6万人のセールスパーソンの中で、トップクラスの実績を収める。「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞後、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。中小企業から大企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「新経営戦略塾」には1000人が登録し学び、全国延べ4500社が参加。
2万人の読者を抱えるメールマガジン『石原明の「新経営戦略塾」』や、独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。大人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は累計ダウンロード数6000万回を超えている。著書に、累計30万部を超え『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)、『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』(KADOKAWA)などがある。

バックナンバー

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(608)


RSS