大きくする 標準 小さくする
  • トップページ
  • M&A
  • 「M&A」で、会社を売る側・買う側が押さえておくべきポイント ~ その3 ~

«前の記事へ 次の記事へ»


「M&A」で、会社を売る側・買う側が押さえておくべきポイント ~ その3 ~

投稿日時:2019/04/08(月) 09:34rss

先週の都内は花冷えの一週間となりましたが、そのおかげで、今年の桜は長く楽しめますね(*^^)v それでは今回も、私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の勉強会の参加者から寄せられたちょっとシビアな質問への回答の続きです。

== 質 問 ==

今後、日本でもM&Aがますます増えていきそうですが、M&Aについて、押さえておくべきポイントを教えてください。

== 回 答 ==

ご質問の通り、これから中小企業を中心にM&Aは相当な数で起きると思います。今回の質問の主旨は、そんな環境の中で、これからM&Aをする側、される側がどんなところを押さえておいたら良いか、ということだと思います。何事にも言えることですが、特にM&Aは売る方も買う方も準備が重要ですので、そこを重点的に解説したいと思います。

== 解 説 ==

前回は「経済的な基盤をどう構築するか」についての解説をしました。
事業の永続性を図るために、どんな「投資(=お金を働かせる行為)」をしたら良いかですが、投資初心者であれば、まずは不動産への投資、そしてその次が株式への投資という順番になると思います。

と、この辺りの解説をすると、お金を投資・運用する時に、レバレッジという考え方を知っておくことが重要です。不動産はとてもレバレッジの効く投資ということになるので、まずは企業経営で得た利益をさらに増やすのに最適といえます。

レバレッジというのは、持っているお金以上で投資するということですが、私達がリスクをあまり取らずに、レバレッジを効かせた投資ができるのが不動産ということになります。

理由は、購入する不動産そのものに既に価値があるので、その価値を見越して金融機関からの融資が得られ、持っているお金(=投資出来る金額)の8~10倍位の金額の不動産を購入でき、それを売却した場合の利益が、持ち金の数倍になる可能性があるからです。

2,000万円の手持ち資金で、金融機関の融資1億8,000万円を得て2億円の不動産を購入し、家賃収入を得ながら良いタイミングでその物件を2億3,000万円で売却できたとすると、1億8,000万円+金利を返済しても、十分な利益が残ることになりますよね。これは、かなり理想的な事例ですが、こんなことも可能ということです。

最初に自社ビルを買うか、投資用の不動産を買うか? これは個人の場合も同じで、最初に自宅を買うか投資用の不動産を買うか?・・・は、結構重要な選択となります!

なんかこの展開、最初に思っていたよりもかなり重要な内容になりそうですね。ということで、回答は次回も続きます。一週間楽しみに待っててくださいね(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(576)


RSS