大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


浮かんだアイディアを形にする方法

投稿日時:2013/06/07(金) 10:27rss

早いもので、今年も上半期が終わろうとしています。後半戦に向け、いろいろと作戦を立てているところだと思いますが、経営者として日々の仕事に忙殺されてしまうと、なかなか新しいアイディアを形にすることができなかったりします(―_―)!!
 
そこで、今回はそんな質問を取り上げ、私なりの視点で回答してみました。よかったら参考にしてください(*^^)v
 
== 質 問 ==
 
本や勉強会などで浮かんだモヤッとしたアイディアを形にしていくのに、良いトレーニングや考え方があれば教えてください。
 
== 回 答 ==
 
一人で考えないで、浮かんだアイディアを誰かに話してみることです。相手を選んだ方がいいと思いますので、選別は重要ですが、センスの良い相手とディスカッションすることで、アイディアはかなり具体的になっていくと思います。
 
== 解 説 ==
 
本を読んだり、勉強会に参加したり、あるいはTVを見たりしていると、いろいろなアイディアが湧いてきますよね。
 
経営者であれば、その他、街を眺めているだけでも、いろいろなアイディアが湧いてきたりしないといけないわけですが、そういったアイディア(質問の方はモヤッとしたって書いていますが)を、発展させて、自社に使えるものに変える、あるいは新しいビジネスへと成長させて行くのに一番良いのは、そのアイディアを誰かに話してみることだと思います。
 
アイディアは誰かとデスカッションや意見交換することで、発展することがとても多いので、日常的に話し合える仲間を数人作っておくと良いと思います。
 
私の顧問先でもこのディスカッションの相手になって欲しいということで、私に顧問の依頼をされた社長さんは結構たくさんいます。
・・・私の活かし方(活用法?)としてはとってもいい方法だと思います(*^_^*)
 
こういう社長さん達はみなさん、信頼できる人とアイディアを交換して話し合う環境を持つことは、経営者として必須と考えているようです。
 
こういうお話をすると、話し合えるセンスの良い相手がなかなか見つからないという方もいますので、その方達に対してのアドバイスですが(また、経営者の方の中には、誰にも話さないでじっくり考えるタイプの人も結構多いので、そういう方にも参考にお話ししますが)、相手と理解力や能力差があっても、いえ、あった方が、返ってアイディアをその相手に分かるように説明しようとすることで、驚くほど、そのアイディアが発展する場合があるのです。
 
これって怪我の功名って感じでもあるのですが、考えていることを誰かに分かってもらおうと努力することで、脳が急に高速回転しはじめて、活発に動き出すからです。
 
アイディアは経営上の秘密でもありますので、もちろん相手は選ばなければなりませんが、ちょっと参考にして、トライしてみてください。きっと意外な発見があると思います。
 
 
いかがでしょうか? あなたはどうお考えになりますか(^^♪ 私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(579)


RSS