大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


いじめを調査する探偵会社!?

投稿日時:2007/07/20(金) 10:57rss

「探偵がいじめ調査??」一瞬耳を疑ってしまいそうですが、このところ、「わが子が学校でいじめを受けていないかどうか調べて欲しい」という調査依頼をしてくる親たちが増えているのだそうです。

T.I.U総合探偵社では、多い月には30件以上の「いじめ調査」の依頼を受けるそうで、登下校中などに子どもを尾行したり、親に頼んでICレコーダーをカバンなどに取り付けてもらったりして、いじめの有無を突き止め、詳細を報告するそうです。


いじめ調査


調査の結果、親の思い過ごしだったというケースもあるそうですが、残念ながら親の勘どおり、本当にいじめを受けている子どもがほとんどで、「あまりにひどい場合には、調査を中断して、思わず止めに入る場合もある」といいます。
この探偵社は、03年7月に創業し、約40人の探偵で、素行や浮気の調査など、一般的な探偵業務を行ってきたそうですが、創業してまもなくの頃、ある中学生の女の子の親から、「確実にいじめられている。証拠を見つけて欲しい」という依頼が舞い込んだのだそうです。

当然、「仕事のジャンル」として想定はしていなかったものの、「来る仕事は受けよう」と思い、取り組みはじめたのだとか。その後も同じような依頼が続き、数をこなしながら、ひとつの調査ジャンルとして定着していったみたいです。

おもしろいもので、ビジネスというのは「想定外の依頼」が来たときから、急に広がりを見せるものなのです。

たいていの会社は、変わった依頼が来たとき、「それはうちの仕事じゃない」と断ってしまったりするものですが、市場のニーズをリサーチするような感覚で、その変わった依頼を受けてみると、そこに意外なマーケットが眠っていたりもするのです(*^^)v

最初は小さなマーケットかもしれませんが、ビジネスはさまざまなきっかけで、急激に伸びる可能性もあります。

最近では、食品会社の不祥事がきっかけで、年に数件しか依頼のなかった「食品のDNA鑑定」の仕事が、集中的に依頼を集めています。

それはともかく、「想定外の依頼も断らない」と決めることで、意外な展開が期待できるかもしれません。ぜひ参考にしてください(@^^)/~~~

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明(いしはら あきら)氏

僖績経営理舎株式会社代表取締役
AZ Collabo株式会社

ヤマハ発動機株式会社を経て、外資系教育会社代理店に入社。約6万人のセールスパーソンの中で、トップクラスの実績を収める。「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞後、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。中小企業から大企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「新経営戦略塾」には1000人が登録し学び、全国延べ4500社が参加。
2万人の読者を抱えるメールマガジン『石原明の「新経営戦略塾」』や、独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。大人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は累計ダウンロード数6000万回を超えている。著書に、累計30万部を超え『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)、『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』(KADOKAWA)などがある。

バックナンバー

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(608)


RSS