大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


100年続く会社のつくり方 ~ その1 ~

投稿日時:2019/05/09(木) 11:47rss

大型連休を挟み、久しぶりのブログ更新となりました(#^^#) みなさん、いかがお過ごしでしたか? 元号も「令和」に変わりましたが、この節目に自社の在り方を見直してみてはいかがでしょうか? 

今回からは「企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう?」という質問を取り上げ、100年続く会社のつくり方をご指南していきたいと思います。よかったら、参考にしてください。

== 質 問 ==

石原先生は100年以上続く企業の研究もなさっているとのことでしたが、企業の永続的な発展に必要なことは何でしょう? ぜひご指導ください。

== 回 答 ==

この質問の回答にはいろいろな要素があるので、「コレです!」とは簡単には答えられませんが、いくつかの要素を解説すると、それは事業(ビジネス)の継続性をどう担保するかということと、企業を存続させる上での経済的な基盤をどう構築するかということになると思います。

== 解 説 ==

私は一般社団法人100年経営研究機構」の理事も務めているのですが、100年続く企業には、それ相応の“理由”があると思っています。

まず、事業(ビジネス)の継続性ですが、提供する商品やサービスに独自の技術やノウハウに裏打ちされた競争力やオリジナル性があることはもちろん大切ですが、そうした商品やサービスを提供することでできた顧客との縁や関係性を大切にすることが、実は企業が永続的に存続するために一番大切なことだと考えます。

私がみなさんに提案している「集客・見込客フォロー・販売・顧客化」の4ステップマーケティングの最後“顧客化”のステップが特に重要だと話している理由は、長期的に企業の存続に関わる要素がこの顧客化にあると考えているからです。

※顧客化が重要な理由は、コストをほとんどかけずに新規ビジネス(商品やサービス)をどんどん生み出すことができるようになるからです。

ビジネスはいろいろな要素で発展し、また衰退していくわけですが、一度できた顧客から次々に困っていることを聞き、要望を知り、いろいろな依頼を受けることができれば、それをヒントにどんどん新しいビジネス(商品やサービス・・・etc.)を生み出すことができ、しかもコストゼロでその新しい商品やサービスをマーケットに投入し磨くことができ、また、販促費ゼロで売り始めることができるので、初期費用ゼロで事業構築もできてしまうわけです。

実は、当社はこの方法でどんどんビジネスの幅を広げていき、今では、ほとんどのコンサルティング会社ができない領域にまでビジネスを広げています。

こういう内容を企業でお話すると「なるほど!」「確かにそうですね!」「すぐに取り掛かります!」と驚かれますが、こんな身近な所からでも、永続的に企業が存続するためのヒントはあるということです。ぜひ参考にしてくださいね。

次回はこの続きとして、企業を存続させる上での“経済的な基盤をどう構築するか”ということを取上げて、詳しく解説したいと思います。(@^^)/~~~ 


私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(569)


RSS