大きくする 標準 小さくする

2008年07月25日(金)更新

「恵比寿横丁」に学ぶマーケット再生術

こう暑い日が続くと、「帰りにビールでも一杯…」なんて気分になりますが、先ごろ恵比寿に誕生した「恵比寿横丁」が、たいへんな賑わいをみせているようです。

もとは、昭和39年に開業した「山下ショッピングセンター」だった場所なのですが、バブル崩壊後は、23店あった店舗は後継者が見つからないなどの理由で、相次いで閉店していきました。「恵比寿横丁」はその当時の区画をそのまま生かしたかたちで、まさに“再生”したのです。

恵比寿横丁

この恵比寿横丁をプロデュースしたのは、「ネオサポート」という会社のようですが、「独立希望の料理人の多くから、少ない投資で開業できる小規模物件はないか」という相談をうけるなか、この物件に出会ったと言います。

一区画3~5坪というこの物件は、そういった意味では最適で、飲食店コンサルタント業の「店舗プレミアム」が一括借り上げし、整備したうえで開業希望者を募ったところ、口コミだけで50人以上の応募があったのだとか。

そのなかから「長屋的なつきあいができる人」という観点で選んだ店が13店。やきとり、おでん、串カツなど、ひところ人気を博した「屋台村」を思わせる店が連なるなか、7席だけの「野菜とワインの店」や「TVチャンピオン」の全国中華料理人選手権チャンピオンの店などもあるようです。
特にマスコミに取り上げられたわけでもないのに、ネットと口コミのおかげで、今年(2008年)5月のオープン以来連日客足が耐えることはなく、なかには数軒「はしご酒」を楽しむ人や、月に何度も通ってくるリピーターも多いみたいです。

「恵比寿横丁」自体も、きちんとホームページを作っていて、店舗紹介なんかをしているのが、今っぽいですが、いくら世の中が進化しても、人が「長屋的な」温かさを求める気持ちに変わりはないんですね。それも、テーマパークのように「作られた」場所ではなく、「リアルな人間臭さ」がより求められるようになっているのかもしれません。

それはともかく、今は消費者の好みも多様化し、ブームやトレンドが変化するスピードも速いですから、ひとつの店舗に多額の投資をするのは、経営的にとても高いリスクを抱えることになります。

そういった意味では、こうした「リスク分散型」の展開はとてもありがたいしくみですし、テストマーケティングの場としても、かなり有効だと思います。

この事例は、ちょっと錆びれつつある商店街など、地域の活性化はもちろん、企業同士のコラボレーションのかたちにも、何らかのヒントを与えてくれるような気がします。ぜひ参考にしてください(@^^)/~~~

2006年12月25日(月)更新

「和ブランド」のシャンパン誕生

今日はクリスマスですね☆

年末年始にかけて、何かと飲む機会も増えるんじゃないかと思いますが、お祝いの席にふさわしいお酒といったら、何といっても「シャンパン」です。


syannpan


ところで、「シャンパン」と名乗ることが許されているのは、「フランスのシャンパーニュ地方で規格に則って製造された発泡ワインだけ」だということをご存知ですか?

かつて日本でも、これに似せた清涼飲料水を「シャンパン」と名付けて販売していたことがありましたが、これに対してはフランス政府からの抗議があり、「シャンメリー」という名称に変更した、なんてちょっとした事件もありました(――;)
ちなみに、フランスのシャンパーニュ協会ではシャンパンの正式名称として「シャンパーニュ」を推奨しているそうで、現在それ以外の発泡ワインは自ら「スパークリングワイン」と名乗っています。

その製品の品質や呼称に徹底的にこだわることは、「ブランディング」という意味からも、とっても大切なことで、フランス政府はこのことがよくわかっているのだと思います(*^^)v

しかし、そんな伝統と格式を重んじるシャンパンの世界に、あえて参入しようという日本企業が現れました。本物の「シャンパン」を、本場フランスで作ろうと考えたのはサンケイビバレッジ。

シャンパーニュの良質なブドウ畑を確保し、フランスの伝統的な醸造法を大切にしながらも、日本酒造りで培った日本人ならではの技術と感性で作ったシャンパンがこれ、『グロワ・グランセパーシュ』です。

1本15,750円、ネット販売もしているみたいです。結構なお値段ではありますが、こんな風にきちんとブランディングできている商品は、コストダウンの方向に向かわず、価格も利益も守られるというわけですね。

たまにはちょっとゴージャスにシャンパンでも開けてみるとしましょうか(@^^)/~~~

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31