2015年09月25日(金)更新

7千円超の折り畳み傘「バーブレラ」が百貨店で品切れ!?

秋晴れのシルバーウィークから一転、秋雨がしとしとと降り続いています。今月は本当によく降りますよね・・・。
 
そんななか、とてもよく売れている傘があるという噂を聞きつけたのですが、100円ショップにも傘が並ぶこの時代に、それが7,000円~8,000円もする折り畳み傘だと知って、ちょっと驚きました(@_@)


201509251602_1.jpg
 
 
「バーブレラ」と名付けられたこの傘は、明治18(1885)年創業の京都の老舗洋傘メーカーであるムーンバットが、昨年(2014年)春に売り出したものです。
 
最大の特徴は、老舗の意地をかけて目指したダントツの“軽さ”と“スリムさ” で、重さはわずか80g、傘袋に畳んで収納した際の直径は約2cm。100gを切る軽量傘が一般的になりつつあるなかでも『超軽量』とうたえる仕上がりです(*^^)v
 
「バーブレラ」とは、「バー(=棒)」と「アンブレラ(=傘)」を組み合わせた造語で、三陽商会のライセンスを受け「マッキントッシュ フィロソフィー」ブランドで展開。販路は百貨店だけと聞いて、またまた驚いてしまいました(@_@)
 
この傘の開発を担当したのは、40年あまり開発の最前線に立ち、社内では「傘の神様」との異名を持つ人物だそうですが、なんでも「ゼロベースから一段飛び越えた軽さとスリム感を実現しよう!」とばかり、2年の歳月をかけて考え抜いたのだそうです。
 
その甲斐あって、開発者本人もびっくりするほどの売れ行きだそうですが、昨年度の販売実績1万1千本を、今年度は半年で軽く抜く勢いで、すでに1万7千本を出荷済み。一時は品切れを起こす百貨店もあり、急いで2万本の追加生産をかけたのだそうです。
 
私の新刊『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』にも書いたのですが、日本企業は「安くて良いもの」を作ろうとガンバリ過ぎ、すっかり弱体化してしまったのではないでしょうか(-_-;)
 
商品は安いから売れるわけではなく、「買いたい理由」があれば、高くてもどんどん売れるのだということを、この傘が証明してくれているようです。
 
最近は天候の変化が激しいので、常に傘を持っていたいというニーズが高まっていること、長い傘は置き忘れる可能性が高いので、あまり高価なものは持ちたくないと考えている人が増えている(折り畳み傘であればほぼ失くさない)ことに加え、思わず人に話したくなるほどインパクトのある軽さであること・・・これだけ「買いたい理由」が揃えば、ヒットして当然かもしれません。
 
もっとも、私だったら、傘の値段帯を3ランクに増やし、松・竹・梅方式で、さらなる売上げアップを図るでしょうが・・・(笑)。
 
秋の夜長、この事例を参考に、自社にももっとできることはないか・・・楽しみながらあれこれ考えを巡らせてみてはいかがでしょうか(@^^)/~~~

2015年09月18日(金)更新

「深みのある話」をするために

秋の長雨が続きますが、最近は季節の移り変わりが早いので、この雨が止んだら、一気に秋が深まりそうですね(#^^#) そんななか、「話の深み」に関する質問が届いたので、私なりの視点でお答えしてみました。よかったら、参考にしてください。
 
 
== 質 問 ==
 
まわりの人からいつも「話に深みがない」と言われます。どうすれば石原先生のように深みのある話ができるのでしょうか?
 
== 回 答 ==
 
“話の組み立て”と“間の取り方”そして“たとえ話”が深みを作るヒントになると思いますので、その点を注意しながら、上手いなと思った人の話を分析すると、話はどんどん上手くなると思います。
 
== 解 説 ==
 
なるほど“話の深みですか?”・・・この話し方に関する質問はいろいろな方からされるので、深みに限らずですが、どうすれば深みも含めて上手く話せるようになるかを、この機会にわかりやすく解説してみたいと思います。
 
話が上手くなる方法で一番良いと思うのは、上手に話す人の話し方を観察するというか盗むことだと思いますが、その場合漠然と観察する(盗む)よりも観察するポイントがあった方がわかりやすいと思います。
 
具体的に解説すると、大事なのは“組み立て”と“間の取り方”と“たとえ話”の3つでしょう(*^^)v
 
講演会やセミナーで話を聞く時にこれを応用して、ウケている話し手の内容に集中して感心するよりも、なぜこの話し手の話は観客を引き込んでいるのか? などを、少し引いて聞きながら、その話し手の話の組み立てや間の取り方そしてたとえ話を観察するように聞く癖をつけると、うまく観察できるということです。
 
たとえば、私の勉強会に来る時も、私の話がどうして聞く人たちを引き込むのか観察するなんて感じで参加するのも良いと思います。
 
また、間の取り方で絶妙な、落語を聞くとか、こうなりたいなと思う方の動画などを何度も繰り返し見て、自分でも話してみるとかも良いですね。
 
今回の質問の“話の深み”も、たとえ話を上手に使うとこんな感じで“深み”が増すんだな~と、分かると思います。
 
見方や聞き方、観察の仕方が分かれば、上達はわりと早いと思います。参考にしてトライしてみてください(@^^)/~~~
 
 
私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2015年09月14日(月)更新

大規模修理を逆手に「弘前城」の人気高まる!?

先週は台風と低気圧による集中豪雨で大変な一週間でしたが、来たるシルバーウィークは、秋晴れに恵まれるといいですね(#^^#) よい季節なので、旅行の計画を立てていらっしゃる方も多いと思いますが、今、青森県の「弘前城」がガゼン注目を集めているのをご存じでしょうか?
 

201509141135_1.jpg


本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられるとの理由で、天守真下から石垣の一部を修理するそうですが、すでに修理は昨年から始まっており、2023年までの10年という歳月をかけた、100年ぶりの“大規模修理”のようです。
 
その修理事業の最大の見ものが、高さ14.4メートル、総重量約400トンの天守閣を解体せずに移設する「曳家(ひきや)」です。石垣修理は天守の真下も行われるため、移動する必要があるわけですが、2カ月半ほどかけて、約70メートル離れた仮置き場所まで移動させるのだそうです。
 
そこで、弘前市は大型連休を含む2015年9月20日~27日を「曳家ウイーク」と名付け、市民や観光客に、天守が乗る台を実際に引いてもらう体験イベントの開催を決定! 一般公募や旅行会社の企画したツアー商品に組み込まれ、100人ずつ日に4回、計3,200人が参加する見通しだとか(@_@)
 
しかも、この様子をJR新宿駅の東口広場生中継し、東京でも仮想体験できるイベントを開く計画だと聞いて、ちょっと感心してしまいました(*^^)v
 
工事中は観光客が減ると考えて当然ですが、ピンチをチャンスに、マイナスをプラスに・・・発想しだいでビジネスはどこまでも広がりを見せるものです。とくに「今しかできない」「ここでしかできない」体験が価値を持つ時代です。「曳家ウイーク」は、ネットでもかなり話題になるんじゃないでしょうか。
 
この事例を参考に、自社にも「今しかできない」「ここでしかできない」体験はないか・・・楽しみながら、ビジネスの種を探してみてください(@^^)/~~~

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2015年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30