大きくする 標準 小さくする

2013年05月31日(金)更新

新潟発の大阪名物!? 行列のできる「ハッピーターン」

私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』では、毎月1回東京・大阪・名古屋で勉強会を開催しているので、私も毎月大阪へ通っているわけですが、今“大阪土産”としてブレイク中のお菓子をご存じでしょうか?
 
昨年秋にリニューアルオープンした阪急百貨店うめだ本店にある新潟の亀田製菓の主力商品「ハッピーターン」の高級版『Happy Tune’s(ハッピーターンズ)』の売り場には、連日行列ができているんです(@_@;) 休日には3時間半待ちなんてこともあったみたいですよ。
 


201305311123_1.jpg


 
昔からある「ハッピーターン」を並んで買うなんて・・・ちょっと不思議な気持ちもしますが、高級版の「ハッピーターンズ」は「大阪・梅田発の手土産を発信したい」という阪急側の提案を受け、約1年かけて開発したものだそうで、「メープル」「木イチゴ」「カマンベールチーズ」「抹茶」「和三盆」「黒糖」「紫芋」7種類の“魔法の粉”が使われている特別バージョンなのです。
 
もちろん、パッケージや売り場のデザイン性も高く、私も実際食べてみたのですが、味もかなりおいしいです! 東京でも期間限定ショップが出ることはあるようですが、基本的に常設店は大阪だけなので、今、東京の人が旅行や出張で大阪に行く際には「ハッピーターン買ってきて」と頼まれることも多いんだとか(笑)。
 
気になる価格は、上の画像にある7個入りが368円、12個入りが525円、30個入りが1,575円、60個入りが3,150円と完璧に「ギフト」を狙った設定になっています。従来の袋入りの「ハッピーターン」からするとかなり高めの価格設定ですが、デザイン性や品質を高めたうえで値上げすることで、新たなマーケットを広げたよい事例だと思います(*^^)v
 
そういえば、来月の私の勉強会のテーマは『即時・即刻、値上げの勧め!-ビジネス成功の秘訣は値上げにある-』です(笑)。ちょっと衝撃的な話をする予定なので、ぜひご参加ください。<<詳細はコチラより>>
 
それはともかく、今どこの会社も頭を悩ませているのが新商品開発ですが、成熟した消費社会では「全く新しいもの」を生み出すのはほぼ不可能です。しかし「新しさ」ばかりを追求する必要はなく、この「ハッピーターン」のように、「もともと売れているものをリメイクする」ほうが、成功の確率はグッと高まるはずです!(^^)!
 
そのほうが「知ってる? あのハッピーターンが、今、こんなにオシャレになってるのよ!」などと、女性たちのクチコミにも乗りやすいですよね。事実、この「ハッピーターンズ」は、ネットでもかなり話題になっています。
 
この事例を参考に、自社のかつてのヒット商品をリメイクする道はないか・・・楽しみながら、脳みそに汗をかかせてみてください(@^^)/~~~


2013年05月24日(金)更新

社内起業家としてまず何をすべきか


 早いもので、風薫る五月も残り一週間になりました。心身共に活動力の高まるこの季節を、大事にしていきたいものですね(*^_^*)
 
新しいことにも積極的にチャレンジしていきたいものですが、ちょうどタイムリーに「社内起業家として、まず何をすべきでしょうか?」という質問が届きましたので、私なりの視点でお答えしてみました。よかったら参考にしてください。
 
== 質 問 ==
 
現在、新規事業企画部門に勤めておりますが(営業・企画経験なし)社内起業家として、初めに行うこと(勉強等)は何でしょうか?
 
== 回 答 ==
 
間違いなく営業の体験です。勉強では無くリアルな体験(=成果を出すこと)なので、間違えないようにしてくださいね。
 
== 解 説 ==
 
営業や企画の経験の無いあなたが、社内企業家として新規事業の立ち上げをしているのであれば、まず最初にしなければならないことは、営業のスキルを身に付けることです。
 
理由は、どんなビジネスを立ち上げるにしても、あなた自身が売上げを上げることができないと、そのビジネスを継続させていくことが難しくなるからです。
 
立ち上げたビジネスは最終的には、マーケティングロジックを組み立ててしくみ化していかなければなりませんが、マーケティングロジックの構築には通常かなりの時間がかかるので、その時間を確保するための売上げが必要になります。
 
あなたが自身で投資してビジネスを立ち上げるのであれば、資金繰りさえ間に合えば、リアルな営業をすること無しに、マーケティングロジックが動き出すまで我慢することも可能ですが、企業が計画の基に投資しているという状況となると、売上げが上がっていない事業を継続させることは、経営判断的にはなかなか難しいことになると思います。
 
この状況は、大企業でも中小企業でも変わらないと思います(ーー;)
 
ということで、最低でも事業の継続を担保するだけの売上げ及び利益をあなた自身で作っていかないといけないということです。
 
また、そういう形で収支を合わせている事業の中止を経営者はできないと思います。この辺りのことはかなりシビアな内容になりますが、絶対にクリアした方がいいと思います。ぜひがんばってください(@^^)/~~~
 
 
いかがでしょうか? あなたはどうお考えになりますか(^^♪ 私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

2013年05月17日(金)更新

「いつ買うか? 今でしょ!」・・・神出鬼没の「ハッピークレープ」が好調

今週末、東京浅草は「三社祭」で相当な賑わいをみせると思いますが、お祭りの出店(でみせ)って、大人になっても惹かれるものがありますよね(笑)。そんな“出店”作戦で、話題を呼んでいるクレープ屋さんがあるのをご存じでしょうか?
 
その名も『ハッピークレープ』。100円(税別)という買いやすい値段で、JR東日本や私鉄の駅構内に、1~2週間ごとに売り場を変えながら展開しているのですが、運営会社は、福岡で化粧品販売業を営む「Boo cosmetics Japan(ブー コスメティックス ジャパン)」という会社。本業の業績が伸び悩む中、「副業として思いついた」のだそうです(*^_^*)
 

201305171419_1.jpg

 
地元福岡以外には常設店を持たず、「エキナカ」の催事スペースへ出店しているわけですが、常に3~5店舗がどこかでオープンしているみたいです。その場所はホームページやブログ、twitterなどで告知されるので、お客さんとしても「出会ったら、今買わなきゃ!」と思うわけですね。
 
また、接客にも独自の工夫をしているようで、劇団員や芝居経験のある人を多く採用しているんです。通常2人配置する販売員のうち、どちらか一人が劇団経験者になるようローテーションを組んでいて、劇団仕込みのよく通る声でお客さんを呼び込んだり、積極的に話しかけたりするみたいです(*^_^*)
 
とくに「クレープを買おう」と思っていない人でも、通りがかりに話しかけられて、ついつい買ってしまった…なんてことも多いんじゃないでしょうか? 今や「何を買うか」より「誰から買うか」が重要な時代になっているとも言えます。お客さんはみな、買い物を通して“楽しい体験”がしたいのです。
 
この事業スタイルは、福岡時代の経験に基づくもので、常設店と催事からスタートした同社が、移動販売スタイル」を始めたのが2012年6月。1日あたりの売上高は、催事や移動販売が常設店の4倍近くになることもあり、その中でも劇団員の活躍が目覚ましかったのだそうです。
 
こうした「事実」に裏打ちされたビジネスは強いですよね。「いつもある」より「今しかない」に弱い・・・経営者に人間心理を読み解く力さえあれば、売るものを変えても成功するという、よい事例ではないでしょうか(@^^)/~~~


2013年05月10日(金)更新

今の時代に「自分の信念」を貫くには…

先週はゴールデンウィークのため休載したので、ちょっと久しぶりな感じですが(*^_^*)、みなさんそれぞれ、有意義な時間を過ごされたことと思います。
 
リフレッシュした分、さらにパワフルに動いていきたいところですが、今回はちょっとおもしろい質問が届いたので、それにお答えしてみました。よかったら、参考にしてください。
 
== 質 問 ==
 
現代の社会では、人の幸せを考える余裕を与えず、奪い合いや競争を促進するような様々な仕組みや雰囲気がありますが、そうしたなかで自分の信念を貫くにはどうしたらいいでしょうか?
 
== 回 答 ==
 
経済社会ならお金に対する執着を無くすと言うように、一般的に人が執着するモノから離れるか捨てると、信念を貫くことができるようになると思います。
 
== 解 説 ==
 
今回の質問はちょっと難しい質問ですが、先日ある方にお会いしてとってもいい話をお聞きして、その内容が今回の回答にぴったりだったので、彼の話も紹介しながら回答することにしました。
 
お会いしたのは、最近TVや雑誌で大活躍され注目されている、心理カウンセラーの心屋仁之助さんなのですが、ご自身もまさに“執着を離れ信念を貫いた生き方”をされていました。
 
「どうしてそんな信念を持って仕事をされているのですか?」と質問すると、「いろんな執着をなくしたから」と笑いながら話されていました。
 
執着とは、自分だけ得したいとか、人からこう思われたいとか、有名になりたいとか、お金を儲けたい、損したくない・・・とかですが、現代社会の枠組みの中で、世の中や人から評価されることなどに伴う欲求みたいなモノを、感情的にどうしても得たいという状態になっていると「執着」になるようです。
 
これ、たとえばお金に執着しているとそのお金への執着から信念を持てなくなる、名誉に執着するとその執着から信念が持てなくなるという感じで、信念とぶつかるわけですね。
・・・それで、結果、信念が負けてしまったりするわけです(ーー;)
 
執着をとるとは、わかりやすく言うと、世の中の評価の枠組みから外れてみること、人が欲しいと思うモノを手放してみることなのですが、「言うは易し」でなかなかできないことでもありますね(ーー;)
 
心屋さんはこの辺の心のロジックを“どうせ損するに決まってる”と思うのではなく“どうせ上手くいくのだから今は損しても良い・・・・”と考えましょうと、とっても面白く絶妙な解説で、執着をとる仕組みを教えてくれていますので、興味のある方はぜひ彼の本やサイトを参考にしてみてください。
(※思い方を二転三転させながら、気づかせてしまう手法は“まさに神業”なので興味のある方はぜひ、勉強してみてください)
 
また、執着を無くせば無くすほど、モノゴトは本当に上手くいくということをご自身の人生を通しても強く体験されているそうです。
 
実は私も、かなり前になりますが、一般的な世間の評価や金銭的・物質的な執着から自分を解放して自由になる感覚を掴んでいます。以来、とっても楽で、したいことができて、信念というほど強いものではありませんが、自分の主義は曲げなくても良い感じの人生を送っています。
 
世間や一般的な評価の基準から離れてみる・・・興味があったらぜひ試してみてください(*^_^*)
 
 
いかがでしょうか? あなたはどうお考えになりますか(^^♪ 私の発行する週刊メールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』(購読無料)では、毎週メルマガ読者のみなさんからの質問にこんな感じでお答えしています。 
 
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので、興味があれば覗いてみてください。もちろん、質問も随時受付中です(*^^)/~~~
 
また、オフィシャルマガジン『石原明の不定期情報通信』をご希望の方はコチラから読者登録ができますので、ぜひこの機会にご登録ください。様々な切り口から“経営脳”に刺激を与える内容を配信しています(*^^)v
 

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2013年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31