大きくする 標準 小さくする

2007年07月26日(木)更新

今年12月に「メイド検定」実施?!

今や日本を旅行で訪れた外国人の観光スポットともなりつつある「秋葉原」ですが、その秋葉原から全国に広がったのが「メイド」ブームです。

メイド喫茶にメイドマッサージ、はたまたメイドによる自宅清掃サービスやメイドが見立ててくれるメガネ店など、メイドビジネスは限りなく広がりをみせているようです。

秋葉原で一昨年6月に15店舗だったメイド関連の店は、昨年同期には48店舗に、今年同期には、59店舗にまで増えています。また、このメイド人気は秋葉原だけにとどまらず、大阪や名古屋、さらに台湾や韓国にも類似店が誕生する程までになっています。


メイド


そんななか、「メイドを日本の文化にしよう!」とばかり、メイド服専門店「キャンディフルーツ」の経営者と、キャラクターコスプレ雑誌「COSMODE」の編集長が、『日本メイド協会』を立ち上げました。
協会の主催で、今年12月には、彼女たちの能力を1~3級で測る「メイド検定」なるものを実施するそうです。9月からは1回3,000円でセミナーも開催。メイドの歴史や接客マナー、掃除や洗濯、料理や裁縫といった分野の講習を通じて「奉仕の精神」を育てるのだとか。

メイド検定の仕掛け人たちは「メイドをブームで終わらせず、文化として根付かせるためにもレベルアップは必要。メイドビジネスを洗練された事業とし、堂々と履歴書の資格に書けるような検定にしたい」と話しています。

また、メイドは一般的には、「オタク産業のひとつ」に見えますが、「本来のメイドは、19世紀の英国ビクトリア朝を最盛期に、働く女性の職業として由緒正しい歴史がある」と見る向きもあります。

それはともかく、こうした「○○検定」といった切り口は特に目新しいわけでもありませんが、定番的な面白さがあるものです。最近では、テレビ番組の企画にも使われていますし、ユーザーに一定レベルの知識を付けさせたいなんて場合にも、有効な切り口になるでしょう。

あなたの会社や業界で、情報発信のひとつのアイディアとして、取り入れてみるのも面白いかもしれません。

この記事読んで、「え~っ!」と思った社長さんも多いと思いますが、一見、そんなこと……って思うことも調べてみるとすごいマーケットになっていたりしますから、ビジネスにおいて先入観は禁物なんです。ぜひ参考にしてください(@^^)/~~~

2007年07月20日(金)更新

いじめを調査する探偵会社!?

「探偵がいじめ調査??」一瞬耳を疑ってしまいそうですが、このところ、「わが子が学校でいじめを受けていないかどうか調べて欲しい」という調査依頼をしてくる親たちが増えているのだそうです。

T.I.U総合探偵社では、多い月には30件以上の「いじめ調査」の依頼を受けるそうで、登下校中などに子どもを尾行したり、親に頼んでICレコーダーをカバンなどに取り付けてもらったりして、いじめの有無を突き止め、詳細を報告するそうです。


いじめ調査


調査の結果、親の思い過ごしだったというケースもあるそうですが、残念ながら親の勘どおり、本当にいじめを受けている子どもがほとんどで、「あまりにひどい場合には、調査を中断して、思わず止めに入る場合もある」といいます。
この探偵社は、03年7月に創業し、約40人の探偵で、素行や浮気の調査など、一般的な探偵業務を行ってきたそうですが、創業してまもなくの頃、ある中学生の女の子の親から、「確実にいじめられている。証拠を見つけて欲しい」という依頼が舞い込んだのだそうです。

当然、「仕事のジャンル」として想定はしていなかったものの、「来る仕事は受けよう」と思い、取り組みはじめたのだとか。その後も同じような依頼が続き、数をこなしながら、ひとつの調査ジャンルとして定着していったみたいです。

おもしろいもので、ビジネスというのは「想定外の依頼」が来たときから、急に広がりを見せるものなのです。

たいていの会社は、変わった依頼が来たとき、「それはうちの仕事じゃない」と断ってしまったりするものですが、市場のニーズをリサーチするような感覚で、その変わった依頼を受けてみると、そこに意外なマーケットが眠っていたりもするのです(*^^)v

最初は小さなマーケットかもしれませんが、ビジネスはさまざまなきっかけで、急激に伸びる可能性もあります。

最近では、食品会社の不祥事がきっかけで、年に数件しか依頼のなかった「食品のDNA鑑定」の仕事が、集中的に依頼を集めています。

それはともかく、「想定外の依頼も断らない」と決めることで、意外な展開が期待できるかもしれません。ぜひ参考にしてください(@^^)/~~~

2007年07月13日(金)更新

海のレクサス!? トヨタのプレジャーボート事業

トヨタ自動車の「プレジャーボート事業」は参入から10年を迎えたそうですが、このところの景気回復に伴い、乗用車の高級ブランドになぞらえて「海のレクサス」と呼ばれる高級艇が話題を集めています。


koukyutei


海のレクサスとは、「すべては最高のために」というコンセプトのもと、05年10月に発売した『ポーナム45』。全長約15メートルで、価格は約9400万円。内装には最高級の国内材を使い、車の電子制御技術を応用し、1本のスティックを操作するだけで全方位に移動できる最先端技術を装備しています。

トヨタがプレジャーボート事業に参入したのは、97年2月のこと。当初は、中型艇からスタートし、大型艇、小型艇と事業を拡大していきましたが、水上スキー用などの小型艇の売上げが思いのほか伸びなかったことから、「中大型艇」に特化する道を選んだようです。
競合他社はバブル崩壊後、大型艇から相次いで撤退していたので、競合は少なく、利幅が大きいというのも選択の理由でした。その後、自ら選んだ道を信じまっすぐに進んできたわけですが、折りしもこのポーナム45の発売が、景気回復と重なり、海のレクサスとして注目を集めることになったのです。

事前の予想では、年間販売数を5隻に設定していたところ、なんと発売後数か月で13隻の注文が舞い込みました。一時は生産が追いつかずストップしていた受注も、今年3月にようやく再開したそうです。

日本も不景気の時代が長く続きました。そんな環境に身を置くと、経営者といえどもなかなかゴージャスな発想ができなくなってしまうものですが、トヨタのプレジャーボート事業部門は、そんななかで富裕層向けの商品を開発し続け、ひたすら景気回復後のビジネスチャンスを狙っていたのでしょう。

業界大手のヤマハ発動機によると、大型高級艇の購入者は、IT企業の若手経営者が目立ち、都市部での購入者の平均年齢は、03年の63歳から、06年には46歳に下がったそうです。

しかも、彼らは仕事に追われて遊ぶ暇がなかったバブル期の富裕層とは違い、お金と時間を上手に使う『アクティブな富裕層』なのだそうです(*^^)v 

富裕層、それも特別にニッチな層に向けての商品やサービスは、本当に競争がないに等しいので、価格などの面でも完全に主導権を持ったビジネスができます。

そう考えると、この業界の未来はしばらく明るい感じがしますが、それは「長期的な視野」を持った経営の勝利といえるでしょう。いつの時代も、目先にばかりとらわれず、将来に向けての準備を着々とすすめる会社に勝利の女神は微笑むようです(@^^)/~~~

2007年07月06日(金)更新

「レトロ」商品復刻と情報資産の活用

このところ昔懐かしいパッケージデザインや味を“復刻”して、話題を集めている商品が続々と登場しているようです。

大塚食品の『ボンカレー』は、女優の松山容子さんを起用した“初代”のパッケージデザインで、50万食限定商品を作りました。味もできるだけ初代に近づけるために、小麦粉を多くしてとろみを強め、色も黄色くしたそうです。


bonkarei


また、サンヨー食品では、カップめん「サッポロ一番カップスター」を1975年発売当時の容器デザインと味に近づけて新発売しました。細かい波状だった容器を印刷で再現し、味も当時のあっさりしたしょうゆ味にしたようです。

同社はこの復刻について、『消費者に浸透しているイメージ資産を最大限に生かした』と説明していますが、このような発想はかなりイケてると思います(*^^)v
情報化社会は確実に進化を続けていますから、これからの時代の経営者は、社内にこのような「目に見えない資産」がどのくらいあるかを把握しておく必要があるのです。

一方、80年前の商品名を復刻させたのは、 丸美屋食品工業。創業80周年を機に、戦後販売が途絶えたままになっていた「是(これ)はうまい」というふりかけを再発売しました。

当時はひし形のガラス瓶に入り、百貨店で売られる高級品だったそうですが、そのイメージを生かして、外箱はひし形に、カツオが中心だった中身は、ウニ・ワサビ・七味にリニューアルしたそうです。

というのも、一見「子ども」がターゲットに思えるふりかけは、同社調査によると実は40歳以上の世帯に売れているケースが多いのだそうです。幼少期から食べていた人が大人になっても普通に買う、という現象が起きているようで、同社では「商品としての歴史の長さも価値になっている」と話しています。

このように、これからの経営は社内に眠っている「価値」、つまり情報資産をどう有効に活用していくかも、ひとつのポイントになると思います。

また、昔懐かしい復刻商品は、家庭内での親子の会話や、職場での世代を超えた話題になりやすいでしょう。「話題になる」ということは、その情報が広く伝わっていきやすい、ということでもあります。

この事例を参考に、あなたの会社に眠っている「情報資産」をもう一度掘り起こしてみてはいかがでしょうか(@^^)/~~~

ボードメンバープロフィール

board_member

石原 明 氏

経営コンサルタント。日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役。

現在、「成功哲学」「売れるしくみづくり」「成長のための組織づくり」「プロ経営者の育成」などをテーマに中小企業から大手企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する『高収益トップ3%倶楽部』には全国延べ3,500社が参加。

2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は年間ダウンロード回数が650万回を超えている。主な著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)や『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』(サンマーク出版)、『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』(アスペクト)、 『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』(中経出版)などがある。

バックナンバー

<<  2007年7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31